敏感肌は、外からの刺激に敏感になった肌のことで、乾燥によって肌のバリア機能が低下することによって引き起こされます。
肌に刺激を与えたり、合わない化粧品を使うのは、より症状を悪化させてしまうため、保湿に重点を置いたシンプルなスキンケアをすることが大切です。

肌の保湿力を高めるには、細胞間皮質のセラミドを補うのが良いとされています。
そのため、高品質のセラミドが配合され、刺激を与える成分が含まれていない化粧品を使ってスキンケアをするのがおすすめです。
アルコールや香料、ビタミンC誘導体などは、敏感肌に刺激を与えることがあるので、これらの成分が含まれていないほうが良いでしょう。
また、化粧品を肌につけるときは、手のひらで少し温めてからつけるのがおすすめです。
肌への馴染みが良くなり、浸透力が高まります。
強くたたき込んだり、すり込んだりするのは厳禁です。

敏感肌のスキンケアのおすすめなのが、保湿パックです。
剥がすタイプやふき取りタイプのパックは、肌に刺激を与えるので避けたほうが良いですが、肌に潤いを与えてくれるシートマスクやコットンパックは、週に1度は行うほうが良いでしょう。
シートマスクは、シートが乾燥するまでつけていると、肌を乾燥させてしまうため、10分から15分で取るようにしましょう。
その他にも、保湿ジェルを塗り、その上からラップをして10分程放置し、洗い流す方法もおすすめです。
優しいスキンケアを心掛け、敏感肌を改善していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です